ペンキ

住まいを綺麗にする外壁塗装~快適生活応援レンジャーズ~

迅速な対応が鍵

一軒家

古い自社ビルの調査を依頼する

アスベストのことが問題となってから、自社ビルを有する企業が挙って建物の調査に踏み切っています。法規制が敷かれる以前に建てられた建築物には、高い割合でアスベストが含まれている可能性があります。住宅設備サービス会社では、アスベスト調査部門を立ち上げる所も増えて来て、多くの法人、個人からの問い合わせが殺到しています。そして、古いビルを所有する経営者から毎日のようにアスベストの調査依頼が舞い込みます。そのため、調査にひと月以上待たされることも屡です。そのような時は、アスベスト調査に緊急性が高いことを示す診断書を自治体に申請すれば、調査日程の前倒しが可能となります。人の健康に影響を及ぼすことだけに、迅速な対処が必要となります。

簡単な調査でアスベストの含有の有無が分かる

アスベストの含有に関する調査と聞くと、建物の壁を剥がすなどの大変な作業が入ることを想像しますが、実際は壁の一部を切除することで調査できます。そのため、調査費用も数万円からで事足ります。調査結果によりアスベスの含有が認められなければ、業務に差し障りはは生じません。しかし、含有が判明して建物からの飛散が懸念されるとなると、実に厄介です。除去作業には日数とそれなりの費用が必要になり、事業所の一時移転も考えなくてはなりません。しかし、アスベストの毒性は強力で、人の健康に大いに影響を及ぼすものなので、早急の対処が必要になります。古いビルほど、そのリスクは大きくなります。事業資金に困窮した時は、自治体からの援助を受けると良いでしょう。